〇 相続税が増税になったと聞いたが自分への影響を知りたい!
〇 相続の時にどのくらい納税が必要かわからなので知りたい!
〇 兄弟がいるので遺産の分割に関して不安がある!
〇 相続税を節税する方法について知りたい!
〇 土地や預貯金等の名義変更について良くわからない!
〇 遺言を作成したいがどのようにしたら良いかわからない!
〇 そもそも相続に関して何を相談して良いかもわからない!

  上記のようなご不安はありませんか?

相続に関しては、税金の問題だけでなく遺産の分割から名義変更の手続きまで多くの事務作業が必要です。また、せっかく財産を残していただいたのにその財産が原因で兄弟が喧嘩になる事もあります。

最近では、高齢化相続の傾向があり以前の相続対策では対応できないような事例も多くあります。
節税や円満な遺産分割は事前の準備が重要ですが、これらの行動は法律行為となりますので、被相続人の方が痴呆症や成年後見になってしまったり、寝たきりになってしまっては対策ができません。

まだ大丈夫と言って相続対策を先送りにして失敗だった事例を多く見ています。相続対策を始めることに早すぎることはありません。
当社が提案する相続コンサルティングは、以下のようなステップで実行します。

①現状把握と基本方針相談
現状の財産状況や相続人の状況を把握します。財産の分割希望等をお聞きします。この段階では全体像を把握します。

②相続税額のシュミュレーション
現在の状況での相続税額を算出します。

③相続に関する課題の抽出
税金だけでなく、財産の分割方法や遺言の活用等、現在及び将来において問題となると考えられる問題点を抽出します。お客様自身でわかっている事だけでなく専門家の目から考えられる潜在的なリスクも抽出します。

④対策の立案と実行
2次相続等も考慮して具体的な対策案を立案します。対策に優先順位を決めて実行していきます。