〇 申告の直前に多額の納税額を知らされた!
〇 無駄な税金を支払っていないか心配だ!
〇 税務調査で多額の追徴税額を支払ったことがある!
〇 個人事業を行っているが、法人化による節税効果を知りたい!
〇 マンションの賃貸事業を行っているが、毎年の所得税が多額になってきた!
〇 相続税がどのくらいかかるのかわからないので心配だ!

  上記のようなお悩みはありませんか?

正しい納税は国民の義務ですが、余計な税金を納めることは経営者や資産家として失格です。
我が国の申告納税方式では、納税者自らが節税をしなくては駄目なんです!認められた範囲の中で十分に節税する事はとても大切な事なのです。

節税は期末になって急にしようとしても出来ることが限られます。ましてや決算期末が過ぎてしまっている申告の直前の節税策はほとんどできないでしょう。日々の活動の中に節税と言う習慣を取り入れる事から始めましょう!

専門家による日々のアドバイスが重要なポイントです。当社の専門スタッフとコミュニケーション通じて日々変化する経済活動の中で節税計画を実践してください。